■すからべニッキ

   すべからくすからべお、べし。

日産からTIIDA発表された。

その、TIIDAの商品企画を担当した
松本秀二チーフプロダクトスペシャリスト(長い)曰く、
ティーダのライバルは、価格帯やサイズでは、
もちろんランクスやアレックスになると思います。
でも、コンセプト的な考え方では、マツダの
『ベリーサ』が一番狙っている方向性に近いと思います。
だそーな。
しかも、
開発に携わった私でさえ、ベリーサの資料を見た時は
あまりに方向性が近いコンセプトだったので驚きました(笑)。
でもティーダには、ベリーサの上を行く上質感と、
ベリーサやランクスにないCVTを組み合わせた
余裕のある走りが実現できていると自負しています。
とか言ってる。

これは絶対、試乗に行くね。単二さん(笑)。

livedoor Blog Readerなるものができた。

早速、お気に入りのブログを登録しようと……。
■エラー
ビジー状態です。しばらく待ってからやり直してください。
ErrorCode:(-1000010)
こればっかだよX~-0

折りしも、台風21号の九州への接近で、
明日の単二さんの熊本出張が流れるか否かって時に、
こんなニュースが報じられた。

VERISAやAXELAのお陰で国内販売は順調だったらしいけど、
工場が止まるほどの台風には手も足も出ないよね。

それにしても。
「あくせら」を変換すると「悪世良」になるのって……(苦笑)。

ネタとしては古いんだけど、面白いので紹介。

EUROPE and Italy(※Flash)

イタリアの国民性をよ〜く表してるよね(笑)。
でも、こーゆー国だからカッコイイ車やバイクが生まれるのだ(てへ)。

livedoor Autoにて、こんな企画をやってる。

毎週1名って、結構確率高いよね。
単二さん、VERISAはまだ投稿されてないみたいだよ:-)

これがバイク自慢だったら、真っ先に送るのにな〜。

ハルチンさんがSpencerも出ると教えてくれたので、
ちゃんと調べてみた(ありがと〜>ハルチンさん)。

1
Valentino Rossi 2002 Honda RC211V
2
加藤大治郎 2003 Honda RC211V
3
Kevin Schwantz 1993 SUZUKI RGV500
4
Max Biaggi 2002 YAMAHA YZR-M1
5
Wayne Gardner 1987 Honda NSR500
6
阿部典史 2001 YAMAHA YZR500
7
Michael Doohan 1998 Honda NSR500
8
Freddie Spencer 1983 Honda NS500
9
Wayne Rainey 1991 YAMAHA YZR500
10
Barry Sheene 1977 SUZUKI RG500

どんなに重傷を負っても死なず、全身ボルトだらけで走りつつも、
2003年3月、ガンとの戦いの末、52歳の若さで逝った男がラストだ。

問題は、「チャンピオン・バイク・コレクション」なのに、
完璧には「チャンピオンマシン」にこだわってないとこ、かな。

このページのトップヘ