10時半、出掛けるぞと御主人。
と、出発前に真正面からぱちり。

お出掛け前。

どうして撮られるのか不思議なボク。
ま、撮られること自体はウレシイんだけど。

行き先はトライアンフ横浜北
シャチョーに挨拶した御主人は、
「アレ、お願いします」

ア、アレ? アレって何???

シールドが。

ボクはおもむろに作業場に連れて行かれ、
さくさくっとシールドを外されてしまった。

と思ったら、にょきにょきっとツノ2本。

ツノツノ2本♪

御主人の言う「アレ」とは、
どうやらシールド交換のことだったらしい。

sports wind shield

そうそうコレコレ。コレが「スポーツウインドシールド」。
大型ウィンドシールドの半分ぐらいの高さのシールドだ。

……ところが。

入らねー!!!

いざ装着、という段階でトラブル発生。
ツノの左右の太さが異なり(右が太い)、
いくら頑張っても装着できない。

ここで御主人が呼ばれる。
「大雑把の域を超えてますよ」とメカニックさん。
「イタ車だからなぁ」何ともアバウトな仕様に呆れ顔の御主人。

メカニックさん「削っちゃってもイイですか?」
御主人「はい。削っちゃってください」

紙ヤスリで削るものの……。

そんなワケで削られる右のツノ。
紙ヤスリでゴシゴシゴシゴシ。

が、紙ヤスリでわずかに削ったぐらいでは、
左右の差はいかんともしがたく、装着不能のまま。

「今日は諦めるしかないかなぁ」
と、御主人がサジを投げようとした……その時。

「あったあった!」
以前クレームで取り寄せたらしいツノ在庫(笑)を、
シャチョーが持ってきてくれたのだ。

「あるならそう言ってくださいよ〜」とメカニックさん。
「いや、今、思い出したんだよ」とシャチョー。
「1時間ぐらいムダに頑張っちゃったじゃないスか」
「あっはははははは」
……素晴らしい名コンビだ(笑)。

そんなこんなで、とにかく装着完了。

完了♪全身。

この長さなら、御主人の腰痛再発なんてこともナイよね。

これで冬のお出掛けもバッチリだ♪