そんなワケで、情報解禁となった次第。

あの日から、早8年と少し。
XLR250RFの次に長い付き合いの、白虎こと
Tiger1050と、とうとうお別れする日がやってきた。

そして白虎の居た場所におさまったのは、MT-07。
WR250R以来のYAMAHA車だ。

まさかホントに入れ替えになるとは。
いくらMT-07をPCの壁紙にしている御主人だからって、
ミジンコぐらいの可能性しかないと思ってた。

包容力にあふれ、のびやかな白虎と違って、
驚くほど穏やかで、軽くてコンパクトな車体。
超モトさんのような獰猛さなどカケラも見せない。

後席は、白虎に比べれば低くて前が見えず窮屈だし、
くるぶしグリップもできない設計はどうかと思うけど、
御主人が楽しそうなので、とりあえずヨシとしよう。

あとは長距離走ってみてから、だね:-)