結果ネタバレ。
1位 Marc Marquez
2位 Dani Pedrosa
3位 Maverick Vinales

ウェット宣言が出された途端に薄日が差し始め
路面に落ちる影が色濃くなる中、
みなレインタイヤでのスタート。

ポールポジションのMarquezがホールショット。
が、トップを守れずずるずると後退。
替わってLorenzoが先頭に立つ。

2周目、Marquezは真っ先にピットイン、スリックで再スタート。

注目はMarquezのスリックでのタイム。
4周目、レインタイヤのファステストより9秒も速いタイムを叩き出す。

3周目にはEspargaro兄、Redding、Iannoneらが乗り換え。
4周目にはLorenzo、Pedrosa、Vinalesらが乗り換え。
Lorenzoは乗り換えに手間取り後方に。

RossiとDoviziosoは5周目に乗り換え。
乗り換え直後は14、15番手。

最後まで残ったZarcoは6周目、
Marquezに交わされてからようやく乗り換え。
完全にMarquezの作戦勝ち。

2周目に乗り換えた面々をPedrosaが交わし、
9周目には2位浮上。
週末いまひとつだったVinalesも、
Pedrosaを追って3位浮上。

結局、FtoF巧者となったMarquezが
2位に20秒以上の差を付けて周回。
ラストラップで遊んだせいで12秒差となったものの、
夏休み前・明けで2連勝を飾った。

序盤、レインタイヤで引っ張った中では、
Rossiが猛追を見せて4位。Doviziosoが6位。
Zarcoは12位に沈んだ。

▼World Championship
1位 Marc Marquez:154
2位 Maverick Vinales:140
3位 Andrea Dovizioso:133
4位 Valentino Rossi:132
5位 Dani Pedrosa:123