「レッドブル・エアレースを振り返る」と題した
連載が面白いのでリンクしておく。

♯1「常識はずれの規模。エアレースの裏側」
♯2「チューニングとアルヒ・ボノムの戦い」
♯3「エンジンチューニングの時代」

初めてゴーストプレーンを見たときには息を飲んだ。
ナイフエッジゲートとクアドロゲートが好きだった。
「Smoke On」と静かに指示する声に毎度震えた。
表彰台の角にコツンと瓶を当て、
シャンパンを泡立てるBonhommeが大好きだった。