■すからべニッキ

   すべからくすからべお、べし。

カテゴリ: 4輪のこと

BMW・MINIの体験型ブランド発信基地、
臨海副都心にオープンへ…2016年夏


もちろん四輪も二輪も、の販売拠点。
敷地面積は約2万7000平米。

場所はウエストプロムナードの東側。
青海一丁目交差点の南側で、
現在駐車場になっているトコ。
よくバイクのイベントとかもやってたとこだ。

コレクター必見!! ローソンで日産、ホンダ、三菱の
"カー消し"オマケのキャンペーン開始!!


うわー。これは懐かしい:-)

BOXYボールペンのバネ強化はアリ?ナシ?
接地面に木工用ボンド塗布はアリ?ナシ?
接地面にセメダイン塗布はアリ?ナシ?
接地面にアロンアルファ塗布はアリ?ナシ?
接地面にホッチキス針刺しはアリ?ナシ?
タイヤ削りはアリ?ナシ?
本体灯油漬けはアリ?ナシ?

VEZELのCM。



CR-X、CIVIC、PRELUDE、ACCORD……と続いて、
最後にELEMENTからVEZELが出てくるという仕掛け。

こうやって歴代のクルマを見せられると、
正直、昔は良かった……と(涙)。

首都高・湾岸線 Uターンして5km逆走か

うわぁあぁぁあぁぁ。
メチャクチャよく通るトコじゃんかー(涙)。

羽田空港でグルグルしてるうちに
方向が解かんなくなった……とか?
パーキング内だと古いナビは狂うしなぁ。

79歳女性、古いマーチ。
2人とも軽傷で済んだなんて奇跡だ。

ドライヤー15分まで、掃除機は問題なし...難聴リスク

WHOが発表した「騒音レベルと1日当たりの許容基準」によると、
バイク(95dB)は47分、クルマ(85dB)は8時間が許容基準だそうな。

ちなみにポップミュージックのコンサート(115dB)は28秒、
ブブゼラ(120dB)は9秒を超えると難聴の危険性が高まる。

……人類みな難聴レベルだな(苦笑)。

新規開通部分をちょろっと走ってきました:-)
まぁ、ボクでもDEMIOでもナイけど(汗)。

そんなワケで東名の分岐↓を左に見ながら直進。


東名を超えると徐々に近付いてくる建造物↓。


そう、ここがいずれつながる新東名への分岐↓。


更に左から新東名より来たる入路↓。


ひときわ高い防音壁が難所を匂わせる↓。
相模線と東海道新幹線を跨ぐ高架。


実は、CX-3の1日試乗だった……というオチ。

いやはや良く出来たクルマでした。
さすがDEMIOより100万高いだけのことは。はい。


たまには車で、と集い、
次はバイクで、と散会する。
そんな独×伊×日の寄り合い。

ありがとうございました:-)>みつさん&Okanさん



2本しか換えない人とかいるの? マジで?
ありえん……。

そんなことしてる車の持ち主からは、
車も免許も取り上げた方がイイと思う。

「軽」の評価は時代とともに変わった——鈴木修・スズキ会長兼社長

「社長就任の翌年、1979年に社運をかけた軽自動車アルトを破格の47万円で発売したのですが、これがバカ当たりしました。それを機に本格的に、社業の柱はオートバイから軽自動車に変わりました。あのころ実は、ホンダ・ヤマハ両社がオートバイで熾烈な競争、いわゆる“HY戦争”を繰り広げていました。3番手を走るスズキは、その余波を受けたら大変だと思い、二輪から夜逃げしたんですよ(笑い)。逃げた先が四輪車(軽自動車)だった。逃げるが勝ち…ということで、命拾いしたスズキと軽が合わさって、軽はその後、伸びました」

「地元とは運命共同体である、と考えています。ホンダは東京に行きましたが、ヤマハとスズキは浜松に残っている。無理に一極集中する東京へ移る必要はない。風光明媚・気候温暖のこの地なら、何かとコストもかかりません。うちの従業員は作業服のまま出勤してきますよ。これからも地元とは仲良くしていきたいと思っています」
こーゆーのを読むと、俄然応援したくなる。
でも、SUZUKIの某ディーラーは冷たいんだよなー。

"マツダブランドの発信・体験拠点へ"
関東マツダ目黒碑文谷店がリニューアル


MAZDAのお店って、内装が微妙に古くて、
広いんだけどその広さを生かし切れてなくて、
飲み物もちょっと気の利かないラインナップで、
点検とか諸々作業とかで長時間滞在するには
不向きなとこが多いなーという印象だったので、
ソウルレッドしか置かないのはどーかと思うけど、
こーゆーリニューアルは嬉しい。

Honda Carsみたいに梅昆布茶があると更に嬉しい(笑)。

利用特典もいっぱい! NEXCO東日本のドラ割「東京湾ぐるっとパス」

年末年始を除く3月22日までの、最大2日間、
東京湾フェリーと組み合わせれば乗り降り自由の周遊パス。
アクアラインは1回利用可能。
東京湾フェリーは別料金だけど25%引き。

バイクの場合、天気と相談になるから
事前の申し込みが1番のハードルかも。


日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞して、
ますます注目を集めるDEMIOに試乗。

試乗車として用意されていたのは1.3Lのガソリン車。
Lパッケージだけに内装は素晴らしかったものの、
走ってみるとやや非力な印象。
1.5Lのディーゼル車なら違うんだろうね。

ところで。
「デミオ」のアクセントは「デミ↑オ↓」か「デミ↓オ→」か。

CMなどメーカー的には「デミ↑オ↓」と言ってることが多いけど、
言いづらいのでウチでは「デミ↓オ→」に決定。

インプレッサよ!よく頑張った。
インプレッサは待っていた!
インプレッサは蘇った。

そうか。
あのインプレッサは中津スバルの手だったのか。

中津スバルと言えば、R2のビル脚でお世話になったトコ。
あれは2005年か……。

あのとき中津川まで行ってビル脚を入れなければ、
御主人が栗きんとんの旨さに目覚めることもなかったんだなぁ……(笑)。


御主人が解からないなんてレア車!と思いつつ調べると、
どうやらトヨタのミニエースバンという空冷800ccの車体。

1975年の排ガス規制をクリア出来ず販売終了。
トヨタも昔は愛らしいクルマを作ってたんだなぁ……。


あぁ、かくもマゼンタ色素は劣化が早い。
たぶん「駐車禁止」だったんだろうな。

ペプシの"ドッキリCM"第2弾!

昨年3月に公開された↓この動画。



NASCARレーサーのJeff Gordonが試乗客に化け、
その超絶テクで助手席の担当者を絶叫させるというシロモノ。

が、「実際に運転してるのはGordonじゃなくね?」と
疑惑記事を書いたライターにGordonがオカンムリ。
今度はそのライターをハメる、という第2弾↓。

三輪バイク来月発売=普通自動車免許で運転可能−ハーレー

後ろ2輪の傾かない3輪は果たしてバイクカテなのか否か。
やはり3輪カテを作った方がいいのか……。

ボク的には前2輪の傾く3輪の方が楽しそうでイイなぁ。

しかしトライグライドで検索すると結束ベルトばかり出てくる。
そもそもメーカーからして表記が揺れてるぞ大丈夫か?(笑)

今日、御主人宛にメール便が届いた。
差出人は「Honda体感トライアルキャンペーン事務局」。

「……なんだっけ?」と御主人。
早速開けてみると、
「ご当選おめでとうございます」のペラ1枚に、
「Honda CM SONGS」のCDが1枚。



どうやらHondaの何かに試乗したとき(笑)に
応募したキャンペーンに当たったらしい。


曲目はこんな感じ。

たまにはイイことあるもんだね:-)

このページのトップヘ