■すからべニッキ

   すべからくすからべお、べし。

カテゴリ: ボクにまつわること

存在自体がレアなだけでなく、
タイヤサイズまでレアなボク。

F:110/80-16
R:130/80-16

このサイズのレア度は、R2の155/60R15並み。
まったくもってどこまでレア好きなんだ御主人は♪

……で。

そんなボクに救世主があらわれた!と御主人談。

MICHELIN CITY GRIP

確かにFはバッチリ。
Rは130/70-16か140/70-16でいけるか???

パターンはちょっとアグレッシブだけど、
滑りやすい路面でグリップ低下を防ぐってのはイイね:-)

ボクもビブステッカー貼れる日が来るかなぁ。

L1030973

ボクのオナカには2つのヒミツがある。

1つは、赤矢印の先のETCアンテナ。
もう1つは、緑矢印の先の充電用コネクタ。

オナカの奥底にあるバッテリーは外すのも一苦労。
そこでこのコネクタなのだ。

便利なんだけど……やっぱり走って充電したいなぁ。

パニアのおかげで、積載量がまたグッと増えたボク。

ひょっとすると、いや、ひょっとしなくても、
白虎よりたくさん積めるんではなかろうか。


がばちょ。

お土産のためのスペースだってラクラク確保だ:-)

今日はPottsさんが某所で××だったので、
ついでにウチに寄っていってくれた♪

超カンタンなお昼をご一緒しつつ、
ボクにも試乗してもらったりして。

potts_on_スカラベ_02potts_on_スカラベ
このニヤニヤ顔をお見せできないのが
とっても残念だったりb(←真似)

オイシイオミヤもあれこれありがとうございました♪

ahead
御主人が持って帰ってきてくれたahead vol.69の……

P33
P33の写真の中に……

発見
スカラベオ発見!

……って、見つけたのは御主人だし、
記事自体はTMAXの記事なんだけど(笑)。

このフロントまわりを見るに、250かな〜。
スクリーンはGIVIのロングスクリーン?

Triumphの新車を購入すると同時に
今までの愛車apriliaのSCARABEO 200を手放すことにした。
稀少な200。
3日違いの納車日。

このニッキに、一番最初にコメントをつけてくれた、御主人以外の人。

ゆらりろさんの200とは、ついに会えなかった。
でも今後は、同じトラ乗りとして。

あらためてよろしくお願いしますです。ぺこり。

トップ絵1
コレ↑が、このニッキの最初のトップ絵。
そう言えば、変則的な2カラムに挑戦してたっけ。

2004年04月26日。
ボクは御主人の元へとやってきた。

そう。4年前の今日が納車日。
そして、このニッキを始めたのもその日から。
いろんな意味で、今日はボクの誕生日なのだ:-)

トップ絵2
↑2005年1月限定トップ絵(懐)。

走行距離:7706.1km
平均燃費:21.676km/l

4年間の数字としては物足りないけど、
でも、所有車両の多い御主人のこと。
昨年1年間の走行距離を比較すると
白虎>R2>ボク>DUKE II>XLR250RF>GPZ250R
で、ま、入院が長かった割には健闘してるよね。

今のボク
そんなワケで。

これからも、どうぞよろしく>みなさま
もっと乗ってね♪>御主人

Ciao
ういヤツ♪

映画「プライスレス」に、スカラベオ250GTが登場

そのMasterCardな邦題はどーなんだ……ってのは置いといて、
こうして登場してくれることは素直にウレシイ。

ま、「高級スクーター」とは言っても、
国産ビクスクの方が高いんだけどね(笑)。

それにしても、ボクのATOK。
素敵な恋の見つけ方」を
「素敵な鯉の見つけ方」って変換するのはどーなんだ(苦笑)。

今更だけど。
御主人はボクも含めて5台の二輪車と
1台の軽自動車を所有している。

で、たまに聞かれるのがこの台詞。

「全部あわせて、どのくらい走ってるの?」

そんなワケで。
ボクが納車されて以降のデータを表にしてみた。

総走行距離
 「―」は納車以前、もしくは売却後。
 「記録ナシ」は文字通り記録ミス。

給油時ベースの数字なので正確じゃないけど、
ま、おおよその目安として見てほしい。

「昨年はよく走ったなぁ」と御主人(特に白虎)。
借りた車両で走った距離を含めれば、軽く2万を超える。

当然、ボクの走行距離減は入院のせいだ(涙)。

インスパイヤカズーさんとPOPさん
そんなワケで、世田谷からの帰路、
ボクのお見舞いに寄ってくれた御主人。

ボクとRocketさん
Rocketさん「メカS氏、水疱瘡ヒドイらしいよ」
ボク「ふーん。発疹とか熱とか出てるの?」
Rocketさん「40度超の高熱で、フラフラらしいよ」
ボク「のわーっ! ノーミソ沸騰しちゃうじゃんっ」
Rocketさん「顔にも発疹が出て、エライ形相らしいよ」
ボク「ってことは、ボクの入院も長引きそうだな〜」

オトナになってからの水疱瘡って、ホント怖い。
くれぐれも無理せず、きっちり治してね>S氏

ならず(涙)。

何と、メカS氏が水疱瘡(!)とのこと。

オトナになってからの水疱瘡なんて、
さぞツライだろう。あうあう。

そんなワケで、ボクの治療は来年に持ち越し。
ひとまずお大事に〜>S氏

偶然つけたテレビで。

01
ん?
02
あ?
03
ああっ!!
04
あああっっっ!!!

スカラベオがテレビにっっっ!!!
しかもタンデムでっっっ!!!

ちょっと興奮しちゃいましたよええ。
おかげでビデオに録り損ないましたよええ。

いや、まぁ、200じゃなくて250だけどさ。
それに、謎の募金番組@テレ東だけどさ。

でも、こんな滅多にない偶然に遭遇する確率って、
ちょっとスゴイよね:-)

そう言えば「スカラベオ200を並べたい」オフ以降、
ボクって全然出掛けてないよね、と、凹んでいたら。

久々にカバーを外してくれた御主人。

何故か付着している猫の毛(怒)を拭いてもらい、
きゅるきゅるきゅるっとセル3回で何とか始動。ほっ。



でも、お出掛けするヒマはナイらしく(号泣)。



虫干しで終了の昨日。
今日明日はお仕事で富山行の御主人。
せめて美味しいものでも食べてきてね(涙)。

御主人がお見舞いに来てくれた♪

暑い〜
えー、暑いので脱いでます(違)。

ま、ホントは白虎を引き取りに来ただけなんだけどね(涙)。
二晩、ボクと一緒にトライアンフ横浜北で過ごした白虎。
どこにどう手を入れられたのかは迂回亭に譲るとして。

ここでレア写真。

Fさん号と♪
Fさん号と。200が並ぶなんてレアですぜ(←誰?)。

同じ区内で同じスカラベオ200に乗っているFさん。
そのFさん号は、ベルトとタイヤ交換のため入院中。

ご近所さんなのに、一緒に走ったことがないんだよね。
普段はThruxtonで、メチャ速なFさんなのだった。

あぁ、明日は「アプリリア・デイ」なのに。
相変わらず部品待ちのボク。

で、昨日、ボクは白虎と久々再会。

再会
ボク「元気だった?」
白虎「元気だったら来ないよ」
ボク「どしたの?」
白虎「いや、実は、×××が××でさ」

……なんてね:-)

キミまで調子悪くなったら、快適にタンデムできる
バイクが無くなっちゃうんだから、頑張ってよね!

走り、虫干し。の後、御主人に連れられて
冷却液を買いに出掛けたことは前述の通り。

その時、ちょっとしたハプニングがあった。
(以下、高橋メソッドでお送りします)

(click to start)

何となく眺めていたmaintenance book
そこに、何と、亀とおぼしきシルエットが!

ここにも!
亀一
ここにも!!
亀二
ここにも!!!
亀三

いや〜、今の今までまったく気付いてなかったよ。
亀クン、ゴメン。

珍しく、ボクと同型のスカラベオ200が
ヤフオクに出ている。

が。

「乗り出しで70万以上したと思います」は、
いくら「思います」でもさすがにどうかと。

ボクの車両価格は419,000円(税込)。
リアボックスはもともと付いてるモノだし、
サイドケースだって4万円程度。
もろもろコミコミでも……うーん。

しかも、もともと中古で買ったみたいだしなぁ。

トライアンフ横浜北で車両を購入すると、
もれなくもらえるバイクカバー。

ハイスペックバイクカバー

白虎はDUKE II同様、やってきたその日から穴蔵住まい。
だから、現状、バイクカバーはかけずに保管されている。

が、残念ながら穴蔵に入りきらないヤツが2台。
その2台のうちの1台であるXLR250RFは、
ボクのお下がりのカバーをかけられ、雨ざらし(ゴメン)。

で、そのお下がりのカバー、デカイのはいいんだけど、
ボクの情熱で(ぇ)、下の方がボロボロなのだ。

そんなワケで、このバイクカバーはXLR250RF用に。
何とも言えないリズミカルな合言葉に超期待だ(笑)。

トッテモッテヒョイ!

モーターサイクリストの1月号を何気なく眺めていたら。

motor cyclist

「本誌編集部員の海外見聞録」という特集で、
イタリアの街角を写した数点の写真の中に、
な、なんと、SCARABEOが写っているでわ!!

scarabeo
↑コレ以外にも、リアボックスでそれと解かるものも。

街角に、当たり前のようにそこにいるSCARABEO。
……いいなぁ。

1カ月のご無沙汰である。

そう。乗ってもらってないのだ。

ボクだけじゃなく、GPZ250Rも、だけど。

今月に限って言うと。
TDM850とDUKE IIは、結構ちゃんと乗ってもらってる。
XLR250RFは、ちょっとだけ乗ってもらってたかな。

GPZ250Rは、10月末のツー以来。
ボクは、11月末のお出掛け以来。

お仕事忙しいのは、よ〜く解かってる。

でも、そろそろスネちゃうよ?

あの1024人応援団!」が密かにバージョンアップしていて、
しかも、期間限定サンタバージョンなどを公開している。

ので、早速やってみた。

サンタに応援されたい

応援されたい

初期型と並べると、軸測投影→透視投影がよく解かるね:-)

ミラノショーで発表されたSCARABEO 250ie
あまりにあまりなんで触れないでいたんだけど。

現行モデルはアプリリアジャパンの在庫限り、とのこと。

このページのSCARABEO 125/200 STREETは?とか、
どこまで日本に入ってくるの?とか、
いろいろと思うことはあるけど、ま、置いといて。

現行デザインで、かつ250が欲しい人は、急げ!

King Takeo操るDGカンパニーのスカラベオ250Rが、
何と異種格闘技戦で勝利をもぎ取ったとのこと。

2006年シーズンは、ただ1度のリタイヤが響き、
残る全戦優勝だったにもかかわらず3位に終わったKing。
その悔しさを、見事お台場で晴らしたようだ。

Tantissimi auguri!!>King

そんなワケで、250と200の後ろ姿比較。

後ろ姿

これは違いも一目瞭然だよね。

まったくカタチの異なるリアボックス。
配線し直せば光る250に対して、取り外し可能なボク。
果たして「最強のリアボックス」の座はどちらに?(笑)

ちなみに、リアボックスを外すとこんな感じ。

上から

ステーだってカッコイイのだ:-)

ボクと250が並ぶ度に、御主人が思うこと。

チャームポイント。

「200のチャームポイントはここだよな〜」

この黒が全体をシックにまとめ上げてる……云々。

250にはパワフルさで全く敵わないが故に、
250がボクと同じデザインだったら、きっと、
御主人はボクから250に乗り換えていただろう。
そう考えると、ココはボクの生命線なのだ(笑)。

このページのトップヘ